Blog

テレワークに関する誤解

コロナウィルス感染症対策も契機になって、テレワークの導入に踏み切る企業、仕事でも相談が多くなってきています。流行語のようになってしまい、行政から補助金もでていることから関心を持つ企業も多いようですが、軽い気持ちで導入をするのは、やや考え物のように思います。

会社=仕事場は業務がしやすくデザインされています。テレワークはその仕事場を「離れて」仕事をするのですから、よっぽど考えて業務設計しなければ、労使ともども制限がでてくるのは当たり前です。日本企業の従業員エンゲージメント問題の記事はよく見ますが、働く方がプロ意識を持って自分で「どこでも仕事環境」を考えられるようにするには、普段から労使双方で仕事をデザインすることが重要です。

無料から始められるサービスも多くなり、テレワークを実現するソフトウェアや機器もたくさんありますが、それらをうまく生かせるか、は全てのステークホルダーを含めた企業全体の設計次第ではないかと考えています。